うつ病の治療

処方薬

うつ病治療、うつ病診断はお気軽に。

(うつ病の主な症状)

下記の様な症状がある方はお気軽にご相談・ご来院ください。

憂鬱・やる気が出ない・眠れない・食欲がわかない・全身がだるい・全身が重い・肩こり・頭痛・たちくらみ・めまい・下痢や便秘が続く・暑くないのに汗が出る・性欲減退・疲労感・面白くない、興味が持てなくなった・目覚めが悪い・不眠症

心の症状

不安症・強い焦燥感・消えてしまいたい・好きなことが楽しめない・意欲が低下する・おっくう感や過剰な罪悪感など・会話の内容など頭に入らない・処理力や判断力が低下。

身体の症状

睡眠障害(目が覚める・眠りが浅いなど)疲労感・倦怠感を感じる・食欲の減退する・口が乾く・動悸・息苦しさなど・体の重さや痛みを感じる。

不安はうつ病の始まりかもしれません。ご相談ください。

・気分が落込む、沈む

「憂うつである」「希望や望みがなくやる気がでない」「いつも落込む」など、悩んでいる状態が続く。

・関心低下、興味がわかない。楽しめた事が楽しめない

「物事に関心がもてなくなった」「楽しかった趣味が楽しめない」「人と話す事がつらい」「毎日読んでいた本が読めなくなった」等、関心や欲求が低下状態になる。

 

・著しく体重が減った、又は増加した

「抑うつ」の症状が影響して、体重が著しく増加、又は減ってしまう。 うつ病は体重が減ることが多いが、増加する事もあるのでご注意ください。

・睡眠障害、不眠症、寝付けない、早く目が覚める

うつ病では、睡眠に問題が出る場合があります。「寝付く事ができない」、「朝早く目覚めてしまう」等の症状です。「夜に寝付けず、昼に眠たくなる」、日常の生活に支障をきたし体調の異常、体力の低下に影響する等、悪循環になります。

・体力の低下、疲れがひどく気力がない

「いつもイライラする」「何もしていないのにすぐに疲れる」「日常の簡単な作業でもスムーズにこなせずにすぐに疲れる」この様な事で焦りを感じる事が多くなります。それでもやる気が沸かない状態が続きます。

 

・罪業妄想、自分を責めてしまう

うつ病では、理由もなく自分を強く責め、悩む程の無いことでひどく悩むといった症状が見られます。「自分はこの世に必要がない」と強い罪悪感を感じ、気力減退など悪影響に繋がっていきます。

・決断力や集中力、考える力が低下する

うつ病では、考えすぎて決定ができなくなり、優柔不断になる症状が見られます。 決断力低下により正常な決断ができず、無理に決断をしようとする。ネガティブ思考の決断をする為、急に会社を退職する等、悪い結果に終わってしまいます。決断する状況を回避する事が重要です。

 

・消えてしまいたい、死にたい、自殺願望が表れる

うつ病で一番気をつけて頂く項目です。通常うつ病では自殺を行う行動にすら気力が沸きません。しかし症状の回復中に自殺願望が表れて行動に移してしまうケースがあり、周りの配慮やサポート、「自殺はしない」と約束し生活する事が重要になってきます。

クシャクシャの折り紙と人のイラスト

仕事の悩みからうつ病に陥ることがあります。

カウンセリングをおこなっています。